女性特有の脱毛症についてをまとめる情報サイトです

様々な脱毛症がありますが、その中でも「女性」に特化した脱毛でお悩みの方も多いと聞いています。
そんな女性特有の脱毛症についてまとめていきます。

分娩後脱毛症とは?

お子さんを出産後、一時的に髪が抜ける事がありますが、それらの多くは分娩後脱毛症にあたります。そのほとんどが出産後6ヶ月~1年程度で自然に回復してきますのでご安心ください。。

■ホルモンバランスの崩れが原因
女性特有の薄毛、抜け毛症状のひとつに、分娩後脱毛症があります。妊娠中は女性ホルモンの働きが増加し、ヘアサイクル(毛周期)が一時的に変化するために起こるものです。髪の健康を保つにはエストロゲン(卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備を行うホルモン)が大事な役割を果たします。妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期にはエストロゲンなどの女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後、一気に休止期に入ってしまうために、出産後に脱毛症状が出る方が多いのです。

授乳を終える頃に回復する事が多く、たいてい出産から6カ月程度~1年経った、授乳を終えるころには自然回復してきます。しかし、その回復スピードには個人差があり、中には回復までの期間が長かったり、高齢出産で体力の回復が遅い場合には、完治しないこともあるそうです。さらに産後のストレスなどが重なった場合、まれに抜け毛が止まらなかったり、ひどい場合には円形脱毛症を併発してしまう場合もあるため注意が必要です。 ただし、他の脱毛症とは異なり、自然に回復するのが一般的なため、深く悩むことなく、分娩後脱毛症は自然回復を前提とした対処を心がけましょう。 分娩後脱毛症は男性型脱毛症(AGA)と違い、脱毛部分の境界がはっきりしないのが特徴です。

運営者情報

運営者 【女性の脱毛症の種類ってこんなにあるの?】事務局
連絡先 ask@tolkey.com
免責 女性の脱毛症の種類ってこんなにあるの?に掲載している情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されております。当サイトを利用したウェブサイトの情報収集や閲覧については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行って頂きますようお願い致します。
Copyright(c) 2013 女性の脱毛症の種類ってこんなにあるの?. All Rights Reserved.